2017/07/17

お家で簡単に!ガトーショコラレシピ





最近、ガトーショコラにハマってまして、よく作ってます。

オーストラリアで買うケーキってものすごく甘く、

甘!っていう言葉が一番最初に出てきますよね笑

先日、甘々のケーキを食べたら次の日はニキビが出来てました。。。

流石にこの砂糖の摂取量なものかと・・・


なので、ケーキが食べたかったらお家で手作りが一番


その中でも最近はガトーショコラがブーム笑

ただ、これ最高!というレシピにはまだ追いついてなくて、模索中。

今日は、現在の暫定レシピ!オーストラリアのスーパーで買える食材でガトーショコラレシピを。





ガトーショコラ材料


チョコレート:90g
生クリーム(Thickened cream):90g
バター:40g
薄力粉:15g
ココア:30g
卵(Lサイズ):3個
砂糖:65g+15g(甘さは調整可能)





チョコレートはこのチョコチップを使ってます。

溶けるまでが早く、マフィンとか焼くのにも便利だから笑

特にこだわりはなくなんでもいいと思います。




ココアはこれ。

ネスレのやつです。特にこちらもこだわりなく、お安いものを使ってます。

Thickened creamも安いやつです。

最近気が付きましたが、Thickened creamはWoolworthのやつが好き。

蓋がちゃんとまわして閉めるタイプでしっかりと閉まるのです笑





ガトーショコラ作り方

ボールにチョコレート、生クリーム、バターを入れて湯煎で溶かします。





こんな感じになります。




別のボールに卵白を分けて、砂糖65gを3回に分けて入れて、

角がちゃんと立つまで泡立てます。






ミキサーは卵白を泡立てたものそのままで、卵黄に砂糖15gを入れて、

をもったりするまで泡立てます。





その卵黄を泡立てたやつを溶かしたチョコレートのボールに投入し、

混ぜる。



そこに、泡立てた卵白を2回に分けて入れて、さっくりと混ぜる。




そこにふるいにかけた粉類(薄力粉とココア)を入れてさっくりと混ぜる。



クッキングシートを敷いた型に入れて、150度で1時間焼きます。


粗熱が取れるまで放置して、

その後はお好みで冷やして食べても美味しいと思います。





ちなみに・・・・・


ガトーショコラが食べたい!

と家でほざいてたところ、ガトーショコラって何?

チョコレートケーキやん!

といっても、海外にはガトーショコラというものはなく、

ガトーショコラと言われて、あのケーキを発想するのは

日本だそう。

ガトーショコラはフランス語で焼いたチョコレートという意味らしく、

フランスではまた違う意味になるみたいですね。

海外でチョコレートケーキっていうとブラウニーやオペラとか、

ザッハトルテとかが有名ですが、

確かにガトーショコラって見たことないですよね。

ガトーショコラって言って海外の人はどんなものかわかるのでしょうか。

生チョコとかも日本発祥で日本しかないし。

ただ、生チョコとトリュフの違いは何って思いますが笑

モンブランとかも日本だけだし。



そう思うと、日本って本当に美味しいものがたくさんあるわ






にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...