2017/04/19

オーストラリアでおすすめの洗濯漂白剤




以前にもこちらのブログで書きましたがオーストラリアにはオキシクリーンは売っていません。

オキシクリーンっていろいろなところを掃除できるのでとっても便利そうですよね。

インスタとかでオキシクリーンを使用して、漂白してるのが羨ましく、

オーストラリアで代替になるものはないかと探した結果がこれ。




ULTRA BOOSTER OXY ACTION


Colesブランドのウルトラブースターというもの。

OXY Actionと書かれているため、日本語の酸素系漂白剤に当たると思います(ですよね?笑)

中身はちょっと粗めの粉です。

お湯でないと溶けません。

ナピサン(ピンク色のボトル)も漂白洗剤として知られてますが、

こちらいいお値段します笑

ナピサン使ったことない為、ナピサンがどのくらい白くなるのかは知りませんが、

Colesブランドでいいんじゃないかと思ってます笑

奥さん、どこまでケチなの?と思われても仕方ありません!

だって、節約できるところは節約したいんですから笑




使用方法


使用方法としては、

お湯に粉を溶かして、そこに漂白したいものをつけおきするだけ!

後は、普通の洗濯と一緒に洗濯機に放り込むだけ!

かなり簡単です。

つけおきがちょっとめんどくさいですが、バスマットやタオルなら1時間もつけておけば白くなると思います。



使用方法では、洗濯機に入れるときにこの粉を入れてもいいようですが、

お湯で洗濯しないと溶けないため、溶けきらない場合はかなりぬるっと残りました(経験済みw)

その溶けきらなかった粉を洗い流す為にもう一度洗濯機をまわすハメになりますw


洗濯時間を短くしたい為、高温のお湯で洗濯することがほとんどない我が家では洗濯機にいれることはせず、かならずつけおき洗いをしています。

つけおきするときに高温のお湯で完全に溶けきらせてから漂白したいものを放り込むのが重要でしょうか。

粉がちゃんと溶けてないと漂白できません。










うちのバスマットで試してみました

パートナーが、「へへへ!俺はオージーだぜ!」と言いながら、

裸足でベランダに出て部屋に戻ってきます。

そのため、足の裏が真っ黒!

その足で歩くのやめてーーーー!

と言いつつも、やめてくれません。

そのため、うちのバスマットはかなり汚くなります。

足、ちゃんと洗ってるのかしら・・・・・・・

そのきったないバスマットを漂白してみました。



漂白前(きったな!と思われても仕方ないバスマットw)





こんな感じで、白いタオル等も一緒につけおきしました。





















漂白後

1時間つけおきをして、あとはそのまま洗濯機に入れただけです。

いかがでしょうか?

ライトの当たり具合が違うため、ちょっとわかりにくいですが、

かなり白くなりました。


うちはパトーナがガテン系?の仕事をしているので、手とかにオイルがよくついてます。

そのため、家に帰ってきて手を洗っても、なかなか落ちない!

そして、その手をふくタオルも一緒に汚れます。

なので、そういう家庭の方にはおすすめです!

これはオーストラリアでのヒット商品ですね笑

今後、黄ばんだ白いシーツとかでも試してみます。








にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...